運営スキーム

運営スキームについて

運営フロー

一括借り上げ契約

弊社が建物自体を一括に借り上げし、ゲストハウスとして運営をする方法です。

建物、家具等のハード部分も、集客、運営、清掃等のソフト部分両方とも、弊社が運営します。

オーナー様とは、賃貸契約を結び1か月定額の室料金をお支払いいたします。

エレベーター点検、消防点検、光熱費などは、オーナー負担があります。

固定資産税はオーナー様負担です。

契約期間は10年としますが、3年後、弊社限定で、業務委託契約に結び替えを行うことができます。

室内、家電、備品などのイニシャルコストは、オーナーが負担。

メリット

  • 初期より、安定収入が得られ、安心です。
  • 金融機関への融資相談の際に、基準となる収入が示せます。

デメリット

  • 業務委託運営、自主運営より収入が少なくなります。

*一括借り上げ契約の契約ひな型は、メールよりお問い合わせください。請求の際には秘密保持契約を締結させていただきます。

業務委託契約

オーナー様自身が、運営主体となり、実施業務を弊社にご依頼する方法です。

建物、家具等のハード部分は、オーナー様が、集客、運営、清掃等のソフト部分を請負います。

オーナー様と弊社で業務委託契約を締結させます。

業務委託料金は、業務によって変わりますが、売上に対し10%から約25%と考えます。

業務委託内容は、オーナー様と打ち合わせをし、決定します。

室内備品は、オーナー様の負担になります。

固定資産・消防点検・エレベーター点検・光熱費などは、すべてオーナー様負担になります。

契約期間は、基本1年更新です。

メリット

  • 一括借り上げより、収入が多く見込めます。
  • オーナー様の運営の工夫が出来、面白みが生まれます。

デメリット

  • 売り上げ、稼働率の増減があります。

自主運営

文字通り、すべて、自ら運営する方法です。